お坊さんが教える「やさしい瞑想法」講座

● プロフィール(略歴)

 

■ 略歴 天宮光啓(koukei amamiya)

 

 

天宮光啓

(学歴・取得学位)

 

● 旧大学入学資格検定合格

 

● 近畿大学法学部法律学科 卒業 ※ 学部長賞授与

 

● 高野山大学 大学院密教学科修士課程修了

 

(僧侶資格)

 

● 高野山真言宗僧侶 (高野山真言宗阿闍梨)

 

● 高野山真言宗総本山金剛峯寺にて得度・受戒

 

● 四度加行満行・伝法潅頂授法(伝法阿闍梨位)

 

天宮光啓天宮光啓

 

● 天宮光啓

 

■ 天宮光啓

 

 

 

天宮光啓

天宮光啓(あまみやこうけい) / 高野山真言宗僧侶(阿闍梨)

 

大阪府出身(岸和田市)

 

高校を三度中退後、(旧)大学入学資格検定に合格。近畿大学法学部卒業後、高野山大学院にて密教学を専攻。真言密教の聖地高野山にて出家。異色の経歴の持ち主。

 

 二十代の頃に実弟と二人でアメリカや欧州の古着・雑貨などの輸入貿易事業を立ち上げる。2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件をアメリカ本土にて経験。以来、それまで順調だった事業にも行き詰まり、借金、倒産。その後も大病を患い入退院を何度も繰り返す。

 

その後、一念発起し四国遍路の巡礼に出かける。四国霊場では歩き遍路の修行を通していろいろな人たちと出会った。また、太龍寺や、室戸岬、石鎚山などでさまざな神秘体験も経験した。特に、高知県の室戸岬にある弘法大師伝説の残る「御厨人窟(みくろど)」では神秘的な体験を何度もした。現在、同地は落石のために立ち入り禁止となっている。そして、導かれるようにして真言密教の聖地高野山へと登り、得度・受戒・四度加行・伝法潅頂を受けて高野山真言宗の僧侶となる。

 

高野山では、兄弟弟子をはじめ諸先生方や、指導教官、同期の仲間僧侶ともたくさん出会いを頂戴した。その兄弟弟子と一緒に、これまでにインドやネパール、チベットなどの世界各地の霊場にて仏道修行に励んできた。特に、チベットの高地修行では筆舌に尽くしがたい人身供養の行にも自ら進んで臨んできた。

 

 

現在は、仏教や密教の修行を中心とした生活を送る。また、これまで経験してきた仏教や密教の修行法をもとにした「やさしい瞑想会」や仏道修行会、さらに、法話会や心の悩み相談などの菩薩行にも努める日々にある。

 

また、兄弟弟子の寺院「高野山真言宗光明院 (台湾)」への支援活動にも尽力す。さらに、これからもチベットや台湾、その他アジア各地の仏教諸寺院への訪問や、支援や交流や親善など世界的に幅広い活動を望んでいる。

 

なお、四国遍路開祖1200年(2014年)には、亡き母の追福菩提のために歩き遍路の通し打ちを敢行し、無魔成満。現在も、時間を見つけては四国遍路を歩き続けている。また、近いうちにチベット巡礼をはじめ世界各地へもでかける準備をしている。

 

天宮光啓

 

※ 撮影:インド八大聖地巡礼地にて(兄弟僧の台湾の信者さん達と共に)

 

※ ブッダ・ガヤ(インド)では、チベット仏教カギュ派の最高位の化身ラマ僧 カルマパ第17世に謁見する好機に恵まれる。

 

カルマパ17世とは

 

チベット仏教カギュ派の最高位の化身ラマ。チベット北部カム地方チャムド県出身。チベット族。カルマパ16世の転生者としてダライ・ラマ14世によって認定(1992年5月)された。現在は、インドのダラムサラに亡命し、修行や宗教活動を中心に活動をおこなっている。チベット人亡命社会の聖職者のひとりである。ダライ・ラマ14世に次ぐ知名度があるので、今後のチベット人社会を担う指導者となりうる貴重な存在。

 

(Wikipedia参照・引用)

 

● 布施(喜捨・寄進・寄付)

巡礼などの活動資金のご喜捨

 

最近、悩み相談で御相談者の方からこんなご依頼を賜るようになりました。

 

それは、お墓参りや四国(しこく)遍路などの巡礼の代行業です。

 

遠方からだと経費や時間がかかるためになかなか故郷のお墓参りにも行けない。四国(しこく)遍路の場合も、金銭面や行く機会になかなか恵まれない。また病気や心身の不調によって、お仕事が忙しく休みや余暇の時間を余りとれない、理由はさまざまです。

 

そこで、そういった方々に代わって、私自身の歩き遍路のときに一緒にお参りさせていただければと思います。

 

ご依頼者の方々も、僧侶に施し(支援・応援)を行うことで、六波羅蜜のひとつ「布施波羅蜜」の功徳(善行)を積めます。当方といたしても大変に有り難いことです。さらに気持ちも引き締まり仏道修行に打ち込めます。

 

もちろん、ご寄進という形でので金額は100円からでも、1,000円からでも大丈夫です。皆さま方の功徳(善行)を積むお手伝いができれば、私も功徳(善行)です。

 

まずは、メールにてご連絡をいただければ幸いです。四国(しこく)遍路や仏教の布教活動に役立てます。

 

何とぞ皆様方の温かなご支援・ご協力をどうぞよろしくお願いします。

 

なお、ご寄進をしていただけた方は巡礼のお寺で「お名前と願文(諸願成就・心願成就など)」を読み上げる回向をいたします。

 

過去に犯した罪や咎を懺悔し、三毒(貪・瞋・癡)から遠く身を離れ、たくさんの功徳をご一緒に積んでまいりたいです。

 

それでは、これからも皆様方の温かいご理解・ご協力をどうぞよろしくお願いします。

 

合掌

 

高野山真言宗修行僧侶 天宮光啓 九拝

 

※ 総合のお申し込みフォームからご連絡いただければ幸いです。

 

 

※ また、LINEや、インスタグラムやブログなどのメールなどからでも大丈夫です。

 

天宮光啓

 

 天宮光啓 インスタグラム

View this post on Instagram

己有(こう)を識(さと)らず、貧(ひん)これに過ぎたるは莫(な)し、塵刹(じんせつ)の海会(かいえ)は即ち是れ我が宝(たから)なり。『吽字義釈』(定三・六三) 自己に執着せず、己が内なる真実の仏を知ること。 無明の闇を照らす真実の光が、我々の内には秘められていることを。 私たちは、なぜこの世に生まれてきたのか。 何か特別な理由があってのことなのだろうか。 生きるとは何か。 仏や菩薩は一体どこにおられるのだろうか。 この世は、人と人とが助け合い、励まし合い、応援し合って、日々、支え合って皆で生きている。 生まれてきて、心の底から「本当に良かった」、そう強く思いながら手を合わせることができたのならば、それは、どれほど幸せなことなのだろうか。 きっと私達は誰もが皆、何か大切な役目を授かって生まれてきているのはないだろうか。 誰かのために、誰かの助けに、誰かの力となるために。 無量無辺のたくさんの仏や菩薩はどこにおられる。 私達は、誰もが決して独りではない、 皆、日々「仏」と共に生きている。 合掌 皆さん、こんにちは。 本来ならば今日から明日にかけて足摺岬の四国霊場第38番札所金剛福寺への歩き遍路を予定しておりました。 しかし、ご存知のように二つの台風による影響が大きく出はじめているので、今回はやむなく延期ということにいたしました。 ご連絡がすっかり遅くなり大変ご心配をおかけいたしましたが、ご安心くださいませ。 なお、26日(日)の高知での瞑想会等は予定通り行います。 配付資料がいろいろとたくさんございますので整理用にA4サイズのファイルをご持参いただければ幸いです。素晴らしいお時間をご一緒したいです。 それでは、今後の台風の動きには十分にお気を付けくださいませ。 光啓 九拝 ※ 写真はお大師様のお生まれになられた善通寺(四国霊場第75番札所)にて。 ※ ご返信等が遅くなったり、できなかったりとする場合もございますので、予めご了承くださいませ。いつも、たくさんのいいねやコメント等、誠にありがとうございます。 #御仏#仏#菩薩#仏教#仏道#精進#四国霊場#四国遍路#歩き遍路#金剛福寺#足摺岬#高知#善通寺#香川県#弘法大師#空海#お大師様#天宮光啓

天宮光啓さん(@koukei_amamiya)がシェアした投稿 -


ホーム
ホーム ブログ インスタグラム 悩み相談 天宮光啓 お問い合わせ