瞑想

● 瞑想の効果(メリット・デメリット)

 

瞑想の効果(メリット・デメリット)

 

瞑想をおこなうことで得られる効果にはいろいろなものがあります。気分が落ち着いたり、集中力が高まったり、あるいは、自律神経がととのい体調がよくなり、免疫力がアップし、快眠・快食・「ストレスフリー」となり健康的な生活をおくれます。

 

仏教では、悟りに至るための修行法に「三学」(さんがく)というものがあります。これは、戒学(かいがく)・定学(じょうがく)・慧学(えがく)の三つの学びの実践です。特に、定学(じょうがく)は禅定(ぜんじょう)を修めることです。心の穏やかにし、散乱を防ぎ、心を穏やかに安静にするための瞑想をします。

 

また、「祈り」(祈りをささげる儀式)は祈願者や祈祷者が強く念ずれば、念ずるほど願望が達成しやすくなるとされています。これは、ひとつに自己催眠術的な要素が働いているためと考えられています。マントラをもちいた瞑想法などがこれにあたります。

 

 (メリット)

 

①気分が落ち着く ②集中力が高まる

 

③自律神経が整いはじめる ④免疫力がアップする 

 

⑤ポジティブな思考になれる ⑥健康・ダイエット効果が期待される等です。

 

--------------

 

 (デメリット)

 

①効果がすぐに体感しにくい、三日坊主になりやすい)

 

②極端に歪曲(わいきょく)したり、偏ったり、悪用されやすい

 

正しい指導を受けなければ逆効果となることもある等です。

 

※ なお、瞑想会ご参加の方々には直接いろいろとお話させていただきます。

 

 

また、昔から僧侶が厳しい修行を通して「法力や神通力」を身につけるということも実際にあります。昔チベットで修行をしている時に、こうした法力や神通力、霊力や超能力、潜在能力や超人的な力に関する神秘的な体験をたくさんしてきました。また、いろいろな瞑想法も学んできました。

 

密教(秘密仏教)ですから、簡単にそれらの方法を他に教えることは越法罪となりますのでここでは詳述できませんが、私たちの想像を超えた神秘的な存在(大日如来の光)や功徳、霊力や超能力などが必ず存在すると個人的には強く信じております。

 

もちろん、こうしたことばかりを仏道修行や瞑想の主たる目的としていると、いつか必ず精神を崩壊させる時がきます。弘法大師がおっしゃる「禅那」と「正思惟」、その本当の意味を十分に理解し実践していくことが何よりも大切なことだと存じます。

 

※ ストレス‐フリー(stress-free)とは、ストレスがないことをいいます。精神的緊張や心配事や悩み事などがなく心が穏やかな状態であることをいいます。

 

※ 禅定とは、心を一点に集中させながら精神を統一し、心身を安らかに保つように瞑想することです。古代インドでは仏教の興る以前から広くおこなわれていた自己鍛錬法とされているものです。六波羅蜜(仏になるための6つの修行徳目)の第五目でもあります。

● 禅那と正思惟

View this post on Instagram

「無辺の生死をば何んが能く断つ、唯禅那と正思惟とのみあってす」『般若心経秘鍵』(定三・三) この世の生きとし生けるもの、これまでにたくさんの生死を繰り返してきた。 いかにすればこの苦しみから離れ、この輪廻の苦界を断ち切れるのか。 その方法はただ二つだけである。 ひとつは、「禅定」(ぜんじょう)、もうひとつは「正思惟」(しょうしゆい)である。 合掌 皆さん、おはようございます。 とっても寒くなってきましたね。 暦では「霜月」(しもつき)、異名を「神楽月」(かぐらつき)とも、今年もあと二カ月ほど、本当に早いです。 ところで、今月は大阪での瞑想会がございます。 先ほどの『般若心経秘鍵』の禅定とは、精神を統一し、心を深く静寂にさせること。 つまり、瞑想をおこなうことです。 そして、正思惟とは「正しい考え方」のことです。 無害心(むがいしん)・無瞋恚(むしんに)・無貪欲(むどんよく)の三つがあげられます。 無害心とは、「傷つけない」です。無瞋恚とは、「怒らない」です。無貪欲とは、「貪らない」です。 特に注意したことは、無害心の「他を傷つけない」だけではなく、「自分自身のことも傷つけない」ということです。 とかく人はイライラしたり、むしゃくしゃした気分を晴らすためにタバコやアルコールなどの過剰摂取や薬物、あるいは非行や犯罪に手を染めたり、暴飲暴食を繰り返したり、ギャンブルにのめり込んだりと…。 しらずしらずのうちに自分自身の心身を害してしまうことも少なくないように感じます。 お恥ずかしいお話ですが、若かりし頃の私もアルコールやタバコが手ばなせないこともありました。 今は仏さまやお大師さまに見守っていただきなら禅那(瞑想)と正思惟の実践に精進する日々にあります。 今月の瞑想会でもぜひ皆さま方と禅那(瞑想)と正思惟によって心身の鍛錬にいそしみたいです。 なお、今月の大阪での瞑想会のお申し込みの受付が昨日から始まりました。 今回は、瞑想会後に親睦会も予定しております(岸和田駅周辺のお店)。 親睦会の参加もご希望の方は瞑想会のお申し込みの際にお教えいただければです。 それでは、本日も禅那(瞑想)と正思惟の仏道修行、六波羅蜜(布施・持戒・忍辱・精進・禅定・智慧)。仏とともに。 光啓 九拝 #禅那#禅定#瞑想#正思惟#霜月#神楽月#六波羅蜜#仏道修行#精進#仏#弘法大師#空海#お大師様#瞑想#瞑想#大阪#法話#法話会#天宮光啓

天宮光啓さん(@koukei_amamiya)がシェアした投稿 -

関連ページ

マインドフルネス
天宮光啓「やさいし瞑想法」講座のサイトです。

ホーム
ホーム ブログ インスタグラム 悩み相談 天宮光啓 お問い合わせ