精霊トンボ

 

公式ハッシュタグランキング:#高野山19位

 

昨夜は夢の中で、母をはじめ、

 

私より先に、この世を去ってしまった人たちと会えた。

 

代わる代わるいろいろな話をした。

 

そのうちの一人が、

 

「あのトンボは、実は私だったんだよ」と、ニッコリ。

天宮光啓

 

二年前のお盆を過ぎた頃に、歩き遍路の巡礼に出かけた。

 

高知市内から、足摺岬までを歩いた。

 

その時に、一匹の小さなトンボが旅のお共(とも)をしてくれた。

 

とっても不思議な体験だった。

 

“すべては、つながっている”

 

笑顔で、その言葉を残してまた夢の中へと消えていった。

 

瞑想とは、私たちの内を見つめる素晴らしい発見の旅である。

 

しかし、それはけっして視野狭窄(しやきょうさく)に陥ること、

 

妄信することや偏った考え方になることではない。

 

自己の内に意識を向けて、心の奥に広がる宇宙を感じることだと思う。

 

私たち一人、一人は、“すべて”つながっているということを。

 

そのことに気づき、心を大きく、広く、

 

そして、豊かに。

 

自他ともの幸せを心から願えることができた時に、

 

“すべてとつながっている”、そのことをあらためて知る。

 

それを「如実知自心」(にょじつちじしん)というのかしれない。

 

合掌

 

『精霊トンボ』 2019年10月10日(木) 07時15分23秒 テーマ:霊夢(潜在意識からのメッセージ

 

トップへ戻る