瞑想とは…

 

公式ハッシュタグランキング:高野山9位

 

瞑想(めいそう、英:Meditation)とは、目を閉じて心静かに思いをめぐらせたり、

 

また、何か一点に意識を集中させたりすることをいいます。

 

五感(視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚)を研ぎ澄ませ、だんだんと集中力を高めていきます。

 

仏教では、瞑想を「止観」(しかん)といいます。

 

-----------------------------------------

 

■ 止観(しかん)・・・奢摩他  毘鉢舎那

 

● 「止」 : 奢摩他(しゃまた) シャマタ(サンスクリット語)、サマタ(パーリ語)

 

(特徴)

 

※ 特定の対象に意識を集中させる。

 

※ 精神を統一しながら心の動きを止める。

 

------------

 

● 「観」 : 毘鉢舎那(びばしゃな) ヴィパシュヤナー(サンスクリット語)、ヴィパッサナー(パーリ語)

 

(特徴)

 

※ 自らが知覚する対象の本質を観察する。

 

※ 「無常」、「苦」、「空」、「無我」などをテーマとしておこなう。

 

※ 如実知自心(にょじつちじしん)など。

 

詳しくは、明日の「やさしい瞑想法」クラスにてご説明いたします。

 

-----------------------------------------

 

当方のやさいし瞑想法では、「肉体 → 神経 → 精神」の流れでおこないます。

 

まず、瞑想に適した姿勢・ポーズ・坐法(肉体)、次に、呼吸(神経)に意識を集中、この時、できるだけ心の動きを止めます。

 

そして、私たちの心の世界(精神)へと、「観」の瞑想法をさらに深くおこなっていきます。

 

日常から離れ、ひょっとしたら、神や仏といった目に見えない存在を感得したり、

 

もしかしたら、究極の智慧を得る、そんなブッダの追体験のような、貴重な体験が…できるかもです。

 

明日、はじめてご参加の方はぜひ楽しみにお越しください。

 

なお、会場は午前9時30分より入室していただけます。

 

配布資料がございますので、9時50分頃までにはお越しくださいませ。

 

呼吸法・瞑想法のポイントや、ヒントなどのご説明も交えながらお伝えします。

 

A4ファイルや、筆記用具も必ず忘れずに持参いただければです。

 

それでは、未来へつながる素晴らしい功徳(努力)をともにたくさん積んでまいりましょう!

 

合掌

 

公式ハッシュタグランキング:高野山9位

 

『瞑想とは…』 2019年09月14日(土) 18時22分42秒

 

テーマ:2019年天宮光啓塾 生かせいのち

 

 

読者登録ボタン

 

トップへ戻る